起業した人が税理士と顧問契約をする理由

起業した人が税理士と顧問契約をする理由は税金を安くするため!

>

納税額を少なくする方法とは

「クロヨン」という言葉を知っていますか?

税の世界では俗に「クロヨン」と呼ばれる言葉があります。この言葉は所得の捕捉率、簡単に言えばその人がいくら稼いでいるかを税務署がどのぐらい把握しているかを意味しています。
日本では所得の捕捉率は一般的なサラリーマンは9割、事業所得者は6割、農業所得者は4割の捕捉率と言われています。ここから数字を取って「964(クロヨン)」と呼ばれるようになりました。
サラリーマンは源泉徴収で大体所得が9割捕捉されており、事業所得者だと所得は申告しても経費を多めに申告したりして6割、農業所得者だと4割ぐらいしか捕捉できていないのです。
サラリーマンが悲惨な気もしますが、自分で申告しなくて済むので気楽でもあります。事業所得者の方は家族旅行の費用を福利厚生費として計上したり、家族を従業員として多めの給与を支払ったりというやり方で経費の「水増し」が出来てしまうのです。

経費の水増しもある程度はお目こぼしがある

厳密にいえば先ほど挙げた経費の水増し行為は適法ではないです。しかし税務署も一々全ての申告内容にある経費の詳細をチェックするのは人員的にも予算的にも無理があるので、目に余るような悪質な水増し行為(例えば架空の経費計上)以外は言い方は悪いですが「お目こぼし」されているのが現実です。つまり実質的にはグレーゾーンに分類できます。
だからといって調子に乗ってドンドン経費に計上していくと怪しまれて査察部(一般には「マルサ」で知名度があります)に目を付けられますのでやめましょう。彼らは警察並みの捜査能力と権限を与えられているので敵に回していい事は何もありません。
その辺りの細かい調整を行うにはやはり税のプロである税理士にお任せするのが一番ですので、下手に自分でやろうとせずに税理士の先生に相談した方が上手く経費を計上できます。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる