レイクの申込みは本人確認書類を揃えておきましょう

レイクに限らずキャッシングを始める時、申込の審査がありますが審査に必要な書類を前もってそろえておけばレイク増額審査がスムーズに行えます。

レイクの申込方法で書類に違いがありますが、最低限必要な書類は本人確認書類で、運転免許証、健康保険証、パスポートなど氏名、生年月日、現住所が記載されているもののいずれか1点が必要になり、外国の方の申込には在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書)が必要で、申込書に記入した住所と免許証などの住所が違う場合は公共料金の領収書(都市ガス、電気水度、固定電話)や住民票の写し、印鑑証明書が必要になりますのであわせてそろえておきましょう。

借入希望額が100万円をこえる場合は、本人証明書とは別に収入証明書類が必要になりますので源泉徴収票(直近)、住民税決定通知書、納税通知書、所得証明書が必要で、これらの書類が用意するのが困難な場合、氏名、発行年月日、発行元名、月収が記入してある直近3カ月以内の2カ月連続した給与証明書が必要になります。

インターネットを使った申込で口座へ振込してもらう場合は本人確認書類などを携帯やスマホのカメラから画像保存し、メールに添付して送る方法や、自動契約機を使って本審査を受ける時は自動契約機に読み込ませるといった方法を取りますが、スマホをお持ちの方は「スマホ完結」という申込方法があり、申込から口座振り込みまでをスマホで契約できますし、面倒な書類の送付もアプリを使えば簡単に送る事ができますので「スマホ完結」がおすすめです。