おまとめローンの対象になるものは?どんな借金がまとめられる?

世の中には非常に多くのローンなどの金融商品が存在しますが、個別に低い限度額の契約を数社と結んで融資を受けていると、返済額と共に支払わなければならない金利は高くなり、あまり経済的とは言えません。そこで利用したいのがおまとめローンだと思いますが、おまとめローンの対象となるものでわかりやすいものとしては消費者金融会社のローンとクレジットカードのローンです。おまとめローンの限度額は一番高い場合で1000万円程度ですので、例えば住宅ローン非常に限度額の高いローンは対象とならない場合が多いです。おまとめローンの対象であるローンを一つにまとめる事によって、確実に支払総額は減額されます。例えば、50万円の限度額の金利の契約を6社と結び、毎月返済をしている場合の金利は、一社につき18%程度で、毎月の返済額は2万円から3万円、合計で10万円以上を返済しなければなりませんが、300万円のおまとめローンを利用すると金利は10%より低くなり、毎月の返済額は6万円前後になります。借金をした時に重要なのはできるだけ早く返済をする事ですが、それと同時に無理なく返済することができるかどうかだと思います。その為には、できるだけ元金を早く減らしていくと共に金利分も少なくする方が良いと思います。現在借金で困っている方は、自分が利用している契約を一度見直して、おまとめローンの対象となるものがあるならできるだけまとめた方が良いです。
おまとめローン通りやすいところは要注意!大手銀行がおすすめの理由はこちら